筑波総合歯研 筑波総合歯研 TOP 会社案内 商品案内 講習会案内 矯正技工案内 J.O.S.G.

心身の健康をつくる
『歯の矯正』
各務 肇 著
 主婦の友社発行
書籍画像 きれいな歯並びは、万人のあこがれです。しかし、本気で矯正の治療をしようと決断できる人は、まだまだ少ないようです。なぜでしょう?
それは今の日本では、歯並びが単なる外見のよしあしにとどまらず、全身の健康と深くかかわっているという認識が薄く、また、矯正治療に対して不安や誤解も多いからでしょう。ぜひこの章で矯正への疑問や不安を解決してください。きっとあなたの健康維持にも矯正治療が必要だと感じていただけることでしょう。(本書より抜粋)

Q&A
Q1 矯正治療はどんな場合にしなければならないのですか? 治療しないとどうなりますか?
A 対象となるのは、まず歯並びや噛み合わせのよくない人で、そのためにいろいろな不定愁訴を持つ場合です。治療しないと健康的な日常生活が送れなくなったりします。
Q4 矯正治療の目的として、「見栄え」は関係ないのでしょうか?
A 矯正は、歯並びや噛み合わせを治療することによって、まず噛む機能を治すと同時に、笑った時の見栄えやプロフィールもたいせつに考えて全体をととのえます。ただ、いちばん重要なことは、噛む機能を治し「心身を真の健康に導く」ことにあります。
Q9 歯並びを悪くする原因は何ですか?
A 不正咬合の原因は、乳歯の虫歯、乳歯と永久歯が正常に生え変わらないこと、舌の筋肉が正常に発達しない、舌や唇などの悪い習慣や癖など、後天的なことが多いのです。
Q11 抜歯しないで矯正するにはどうしたらいいのでしょうか?
A 永久歯を抜かないで矯正したいなら、なるべく早くから不正咬合の予防をするべきです。まず、治療の開始時期を決めてもらうのが理想です。
各質問に対する答は、もっと詳しく解り易く書かれています。
この本についてのご注文・お問い合わせは筑波総合歯研までお願いいたします。